基礎代謝・ダイエットと運動

代謝をアップさせるには?

40代、50代がダイエットしようと思ったら、やっぱり基礎代謝をアップさせる必要があります。

 

基礎代謝とは?
基礎代謝量というのは、生物が呼吸・体温維持・心拍など生命活動を維持するため生理的に消費しているエネルギー量のことで、簡単に言い表すと【安静状態に於いても生きていく上で最低限必要となるエネルギー量】ということです。基礎代謝量は人それぞれで異なり、具体的には【性別・年齢・体型】などといった基本的要素の違いにより異なってきます。

 

 

基礎代謝基準値というのは、体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)を示す数値のことで、厚生労働省が公表している基礎代謝基準値は性別と年齢別によって下記のような数値(kcal/kg)になっています。

 

taisya2

 

見てわかるように、10代のころはいくら食べても太らなかったのはこの基礎代謝がとっても高いからです。
要するに食べたものをすぐさま消費できていたってことですね。

 

 

代謝が悪い状態を改善する方法はいくつかあります。

代謝を改善するには?

筋肉をつける

http://omoridiet.com/menu/toha/cn103/pg534.html
「筋肉量を増やして基礎代謝を上げれば、脂肪が燃えやすくなります。ダイエットには基礎代謝をあげることは大切です。」

 

という言葉はだいぶ皆様耳にしてきたフレーズではないでしょうか?

 

忙しくて食事もままならない。お付き合いの飲みや夜遅くなる食事でついついお腹のお肉も増加中・・。
そんな日々多忙な皆様。そろそろダイエットをしなくては!と腹筋をしてみたり、筋トレグッズを購入することを考えたりしていませんか?

 

そもそも筋トレで筋肉がつくと代謝が上がると言われますが実際の所、どれだけ代謝が上がるのでしょうか?
実は筋肉が1kg増えることで上がる基礎代謝はたった13kcalなんです。
塵も積もれば山となる・・ということで不必要とは言いませんが、でしたらコーヒーに入れるお砂糖を1日1回減らす、など過剰摂取しがちな食べ物のカロリーをカットした方が、よっぽどダイエットに効果的かもしれませんね。

 

そしてその筋肉量ですが、実は筋肉1kgを増やすというのはそんなに簡単なことではありません。
週3回位、かなりつらいと感じる本格的な筋トレが必要です。そしてハードな運動に対して筋肉が消費されないように炭水化物やタンパク質の摂取管理も大切になります。

 

このハードな筋トレを1年続ければ、なんとか皆様の筋肉は増加する可能性が増えるのです。
忙しく、定期的に運動する時間もとれない人には、なかなか現実離れしたものですよね。
そして食事もかなりしっかりとらないといけません。

 

ダイエットの近道のようで、実は筋トレとダイエットは逆の方向を向いているのです。

 

 

食事

http://allabout.co.jp/gm/gc/427230/

 

今より代謝を上げる6つの食事法
■朝食は必ず食べる
■プロテインリッチな食事を
■脂っこいランチはカルシウムで±OK!?
■カプサイシン
■夜のたんぱく質は魚から
■特に女性は鉄分をしっかり摂って!

 

今より代謝を上げる4つの生活習慣
■コーヒーを飲む
■冷たい水を飲む
■さぁ、緑茶を淹れよう
■寝る大人は痩せる!?

 

代謝アップの補助食品をとる

プロテイン

簡単に代謝アップしたい

筋力トレーニング

出来るだけ簡単な方法で楽しくやりたいパンダ竹村が試した筋トレ方法は
体幹トレーニングをメインにしたトレーニング

 

1.うつ伏せになり、肘を肩の下について、一直線にする。
その状態で息を吸ったり吐いたりしながら、スクープをキープしてお尻があがったり、下がったりしないようにする。

 

0001

 

これを10秒キープ×2回
なれてきたら足を片側ずつ浮かせて10秒

 

これだけでも鍛えられるとうわさに聞いたのでひとまず取り入れています。

 

有酸素運動

とはいえ、有酸素運動も必要なのかなー?なんて思うので
「TRFダンササイズ」にもチャレンジです。

 

いつか1曲踊れるようになるー!!!
頑張りますので応援してください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です